Q.

学外学修とは何ですか?

A.

津田塾大学における「学外学修」は、「主にギャップターム(第2ターム+夏期休暇)期間を活用し、自律的に学外で学修する活動」と定め、キャンパスあるいはカリキュラムを超えて学ぶことを指します。具体的にはインターンシップ、サービスラーニング(ボランティア活動)、インデペンデントスタディ(海外サマープログラムやPBLなど)です。詳しくは本サイトの「学外学修とは」を参照してください。

Q.

学外学修は必ずしなくてはいけないのでしょうか?

A.

学外学修は必修ではなく、任意参加です。学外での様々な体験を通して見聞を広め、それを大学での学びにも活かし、卒業後の進路を考える上でも役立てることを期待しています。ギャップタームを有意義に活用してください。

Q.

長期学外学修は、必ずギャップタームで行わなければいけないのですか?

A.

津田塾大学の学年暦は4ターム制のため、ギャップターム(第2ターム+夏期休暇)が学外学修を実施しやすい時期となっていますが、春休みに行うことも可能です。大学の学業に支障のない範囲で学期中に行うものも想定されますが、このような場合は必ず事前に教務課ならびに指導教員とよく相談してください。

Q.

参加できるプログラム、受け入れ先はどのように見つければよいですか?

A.

学生の皆さんがご自身で探して参加する場合と、学外学修センターで紹介するものに参加する場合があります。 まずは、それぞれの関心に応じてご自身で探してください。学外学修センターでは、在校生専用ポータルサイトに、本学の独自プログラムほか、外部団体のインターンシップ、ボランティア、海外サマースクールの公募情報を掲載しています。外部団体のプログラム等については、あくまでもご自身の責任で応募してください。

Q.

学外学修に興味がありますが、具体的にはどのようなものがありますか。

A.

本ウエブサイト及び在校生専用ポータルサイトに、先輩が過去に行った学外学修の活動例がありますので参考にしてください。もしくは学外学修センターにご相談ください。

Q.

掲載されている学外学修プログラムについて質問や相談があるのですが、どうしたらよいのですか。

A.

まずは問い合わせフォームで問い合わせてください。直接お聞きになりたい場合は、小平キャンパス本館1階H120室に下記オフィスアワーに来ていただくか、それ以外の日時をご希望の場合、個別相談の予約をお取りください。

オフィスアワー(小平) 水曜日 12:00~13:00

※新型コロナウィルスの影響で、個別相談は基本的にオンラインで実施しています。お問い合わせフォームからお申込みください。

Q.

4年生ですが、長期学外学修を履修できますか。

A.

長期学外学修は、全学年を対象にしています。4年生で履修することも可能ですが、学外学修参加前に教務課ならびに指導教員とよく相談してください。

Q.

学外学修は毎年履修できるのですか。その場合単位はどうなりますか。

A.

1年時から毎年履修することが可能で、単位も履修によって付与されます。 学芸学部の学外学修科目は随意科目(1単位)、総合政策学部はインターンシップのみ総合科目(1回につき1~4単位、最大4単位まで)、インデペンデントスタディとサービスラーニングは随意科目(1単位)として認められます。

Q.

企業のインターンシップやボランティア活動を学外学修として履修申請をする場合、最低の実習期間はどのくらいですか。

A.

単位認定の対象となるのは実習計5日間(事前事後学習含めて7日間以上)です。こちらに満たない日数のインターンシップは単位認定の対象とはなりません。

Q.

1年間の長期にわたるボランティア等の場合、休学となるのですか。

A.

1年間、本学での授業を履修しないことになりますので、原則、休学となります。ただし、4年間での卒業を希望する場合は、休学をしないで1年間のボランティア等に参加することも可能です。休学を希望しない場合、3年間で4年分の科目履修をしなくてはならなくなりますので、計画的な履修が重要となります。

Q.

学外学修に参加する際に、費用が発生しますか。

A.

活動によります。各プログラムに費用についてはプログラム案内に明記されていますので、確認してください。費用が発生するプログラムについては、各自自己負担となります。学内の各奨学金制度が活用できる場合もあります。

Q.

学外学修センターのプログラムに参加したい場合、選考はありますか。

A.

選考の有無・方法は募集要項に記載されています。在校生ポータルサイトの公募情報に、各プログラムの募集要項が掲載されていますので、そちらをご確認ください。

Q.

在校生専用ポータルサイトにアクセスできません。

A.

学内のシステム(Tsuda Net)にアクセスする際と同じID(メールアドレスの@マークより左側の8桁)とパスワードが必要です。 わからない場合は、学外学修センターまでお問合せください。