2021年11月24日と12月8日に、OGの皆様にご協力頂き、ワークショップを実施しました。

今回のワークショップは、就職支援を担う学生生活課とビズリーチ社との共催で行われました。

ビズリーチ・キャンパスのOG訪問プラットフォームを活用し、身近なロールモデルであるOGとの対話を通じて在校生たちが自分自身の長所や課題に気づき、未来を描くことを目的としました。

学外学修センターは普段、学生たちが在学中に学外でインターンシップやボランティア等に参加することをサポートしていますが、今回のワークショップで取り上げられたセルフブランディングや社会人とのコミュニケーション方法は、これから学外学修に参加する学生にとっても重要なものです。様々な挑戦に向かって前へ進むことを支援するために、OGの皆様からも学ぶことのできるこのような機会を今後も作っていきたいと思います。

 

大学のWebサイトに掲載された実施レポートは以下からご覧ください。

https://www.tsuda.ac.jp/student-life/campusreport/2021/220128-1.html